不幸なペットを増やさないために知っておいてほしいこと

こんにちは。
当サイト管理人のことりです。

スポンサードリンク

あなたは、ペットがいる暮らしに憧れたことってありませんか?

テレビやYouTubeで紹介されるワンちゃんやネコちゃんは、とても愛らしい姿を見せてくれ、思わず「癒される~」ってなっちゃいますよね。

ですが、ペットを飼っていくことは、カワイイだけでは済まされないことがたくさんあります。

子育て経験のある方なら想像しやすいと思いますが、ペットを飼っていくことは、ひとりの子どもを育てるのと同じくらい大変なときもあるんです。

食事代や病院代のお金だって必要になってきます。

スポンサードリンク

忘れてはいけないのが、ワンちゃんやネコちゃんだって、あなたと同じように感情を持っているということです。

いつも、あなたの言いなりになるとは限りませんよ。

ワガママな子もいるだろうし病気がちな子もいます。だけど、これらは実際に育てていくうえでわかってくることです。

最近では、20年近く生きるワンちゃんや猫ちゃんも珍しくなくなっています。

人間ならある年齢になると、お金を稼ぐようになりますが、ペットたちは一生扶養家族のままです。

そんな長い期間、愛情を持ってきちんとお世話をしていく覚悟はありますか?

一生面倒をみると決心された方は、楽しいペットライフを楽しんで下さいね。

年間約15万頭もの、たくさんの犬や猫が自治体の施設に引取られ、一定期間を過ぎると殺処分されています。

ペットを飼う前に、必ず確認しておくこと。

・住居環境    ・家族の同意    ・飼育費用など

引き取られたペットの数はどのくらい?

引取り数 飼い主から 所有者不明
イヌ 15%(7,843頭) 85%(45,330頭)
ネコ 17%(16,542頭) 83%(81380頭)
環境省 平成26年度の統計資料より引用

もっと詳しく見たい方はコチラ

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。